店頭買い取りのデメリット

数が多くなると運ぶのが大変

店頭での買い取りのメリットは、店に訪れてスタッフに依頼するとすぐに査定を始めてもらえること、買い取りが成立した際のお金をその場で受け取れることです。ただ、店頭での買い取りには、数が多くなると運ぶのが大変なデメリットがあることを理解しましょう。手放す予定のバッグや腕時計が1点や2点と少数だったり、小さくて軽かったりするなら店頭に持ち込むは簡単です。しかし、5点や10点、それ以上の数になると重いので運ぶのは大変な作業になります。ですので、店頭でのブランド買取で手放したい物が多い時は、出張で買い取りしてくれる業者に依頼しましょう。これなら業者のスタッフが自宅に来てくれるので、ブランド品の数が多くても負担はかかりません。

店まで遠い場合は移動時間と交通費がかかる

ブランド買取でお金に換えたい腕時計やバッグ、指輪などを店頭買取する際は、できるだけ近い店の中から選ぶことをおすすめします。自宅から遠くにある業者の店を利用したかったとしても、遠い場合は往復の移動で時間がかかってしまいます。高額の査定が期待できるなら遠くても訪れる価値はあるでしょうが、どうなるかわからない場合は期待通りになることもあれば、予想を大幅に下回る可能性もあります。また、遠い店に訪れるのは移動時間と共に交通費がかかります。買取金額よりも交通費が上回ってしまうと、時間とお金の両方がもったいないです。そのため、店頭買取を依頼する際は、自宅から近い業者の店から検討し、見つかるまで少しずつ範囲を広げながら探しましょう。

© Copyright Brand Purchase Intention. All Rights Reserved.