メディカルケアセンター ファイン ~回復期リハビリテーション病床~

平成28年12月より、地域包括ケア病棟 25床へ変更しました。

地域包括ケア病床とは?

  • 急性期治療を終了し、すぐに在宅や施設へ移行するには不安がある患者様に対し、在宅復帰に向けて医療管理、診療、看護、リハビリテーションを行うことを目的とした病床です。
  • 在宅復帰をスムーズに行うために、医師、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー等が協力して、患者様のリハビリや在宅支援を行っていきます。

どのような場合に利用できるのか・・・

在宅または介護施設への復帰を目指しておられる方であればご利用いただけます。

  1. 入院治療により状態は改善したが、もう少し経過観察が必要な方
  2. 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な方
  3. 在宅での生活にあたり準備が必要な方
地域包括ケア病床の流れ















入院生活1日 全てがリハビリ!

ファインピック入院生活は寝たきりになってしまいがちですが、当院では1日の生活全てがリハビリです。日常に近いサイクルで生活し、リハビリの時間以外にも生活の中で様々な訓練を行います。

病院名の【ファイン】は『病院に集まる全ての人々が元気になること』との想いです。1日でも早く皆様が元気になって頂けるよう、私達もサポート致します。

退院に際しては、住み慣れた自宅はもちろんのこと、ケアハウスや有料老人ホーム、高齢者住宅、施設などの新たな自宅への退院調整もサポートが可能です。

入院費について

  • 定められた地域包括ケア病棟入院料1を算定致します。費用については投薬料、注射料、処置料、検査料、画像診断料、リハビリテーション料などほとんどが基本診療料に含まれる包括診療です。(麻薬など一部は包括外になります)
    入院食事療養費やオムツ代、個室料等の保険診療対象外のものの費用は含みません。

住所・お問い合わせ

住所・アクセス
熊本市東区三郎1丁目12-25
市営バス:京塚小峯線「東灰塚」バス停より徒歩5分
お問い合わせ
お電話 096-383-5555 より担当 相談部までお尋ね下さい。

このページの先頭へ